HOME » まだある!女性にうれしい青汁の効果 » 便秘解消

便秘解消

つら~い便秘をなんとかしたい人に選ばれているのが青汁。なぜお通じが良くなるのか、有名な原料(ケール・大麦若葉など)ごとにリサーチしてみました。

青汁がもつ便秘解消効果をリサーチ

青汁がもつ便秘解消効果をリサーチ青汁を取り入れることで得られる効果として、便秘解消が挙げられます。

青汁には緑黄色野菜由来の食物繊維がたっぷり含まれているため、腸内環境を正常化して善玉菌を増やし、宿便をごっそり排泄することが可能。とくに青汁の食物繊維は不溶性食物繊維といって、腸の中で水分をふくみ膨らんで腸を刺激する作用もあります。

また、腸内の老廃物やガスを排泄する作用がある植物性乳酸菌が含まれている青汁も販売されています。この乳酸菌が快適な便通へ導いてくれるため、青汁を飲むとよりお通じが起こりやすくなり、便秘が解消されるということに繋がるのです。

緑黄色野菜の栄養素をまるごと摂取できます

ダイエット中の便秘にも低カロリーの青汁を市販の青汁に使われる主原料としては、次のものが挙げられます。

  • ケール
  • 大麦若葉
  • ゴーヤー
  • 明日葉
  • 桑の葉

どれも栄養価が高く、食物繊維のほかにもビタミンやミネラル、カルシウムなどの現代人が不足しがちな栄養素もたっぷり含まれています。

青汁は、こういった青野菜をすり潰して作っているので、食物繊維を大量に摂取することができるのです。実際、青汁1杯分の野菜を毎日食べようとするのは困難なこと。食事だけではなかなか取り入れづらく、便秘解消に効果が期待できる緑黄色野菜の栄養を、青汁でしたら簡単にGETできますよ。

ダイエット中の便秘にも低カロリーの青汁を

ダイエットをしている人は、便秘になりやすいと言われています。その理由は食べていないから。食べる量をセーブすると、自然と排便も少なくなり便秘をしがちになります。

ダイエット中に便秘になると、空腹感や好きな物を思いっきり食べられないストレスによるイライラをより倍増させてしまいます。ストレスが腸の働きを鈍らせてしまう原因にもなるのだそう。

成人が1日に必要な野菜の量は350gといわれていますが、忙しい現代人にとってこの量を摂るのはなかなか難しいのが現状。その点、青汁なら低カロリーなうえに、腹持ちがとても良いのでダイエット中でも、ゴクゴク飲むことができます。

さらに、ダイエット中に陥りがちな便秘症状を改善してくれるので、ダイエットサポートには青汁は欠かせない飲み物といっても良いでしょう。青汁のイメージは苦くてマズいという人もいるかもですが、最近ではとても飲みやすくておいしいものも数多く出ています。

便秘に悩んでいる方やダイエット中の方は、ぜひ、青汁を飲んでスムーズなお通じのサポートをされることをおすすめします!青汁で毎日スッキリライフをGETしましょう♪